仁王門を左に見て直進すると室戸岬灯台が眼下に
四国お遍路ポータル
聖天堂
護摩堂
多宝塔
仁王門をくぐると右に十一面観世音菩薩像が建つ。後ろに地蔵が並んでおられます。
鐘楼堂
鐘つき堂
まわりに亜熱帯植物も見られます大師堂の風景です。
お四国詣での参拝者や観光で室戸を訪れた人で賑わっています。
二層の大きな仁王門。前には弘法大師像が巡拝者を見守る。4万9845uの広大な敷地に多くの堂宇が参道両脇に並びます。
正面には、本堂が見えます。
車を降りると、境内参道は右側舗装道路を行くと仁王門に。左側石段は、遍路センター、食堂に通じ参詣を終えるとこの石段に出てきます.
詠歌 明星の 出でぬる方の東寺
    暗き迷いは などかあらまじ
真言 のうぼう あきゃしゃきゃらばや 
       おん ありきゃまり ぼり そわか
0877-23-0024
高知県高知市室戸岬町4058-1
弘法大師
真言宗豊山派
虚空蔵菩薩

第23番薬王寺から高知県「修行の道場」の最初の寺、最御崎寺までは、阿南海岸国定公園指定の美しい海岸線(国道55号線)を約77km南下室戸岬の先端まで徒歩で約22時間、車で約2時間かかります。駐車場は境内に隣接しています。 近くに、御厨人窟という弘法大師の若かりし頃虚空蔵求聞持法の修行をした洞窟が今もある、中から見えるのは、空と海だけです。大師は室戸で悟りを得、それまでの無空、如空、教海から空海と改められた。
大同2年唐から帰国され嵯峨天皇の勅願により、虚空蔵菩薩を本尊として大師が開基した。
国宝には、薬師如来、月光菩薩、如意輪観音がある。

TOp 23薬王寺 24最御崎寺 25津照寺

第24番 最御崎寺