修行大師像
石に囲まれた眼洗いの井戸
国重要文化財 
梵鐘を背負った赤亀
鐘楼
大師堂
本堂
詠歌 南無薬師諸病悉除の願こめて
     詣るわが身を助けましませ
真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
0880-66-0225
高知県宿毛市平田町中山390
行基菩薩
真言宗智山派
薬師如来

来た国道321号線を土佐清水市下の加江まで行き、県道21号線に入る。そのまま進み宿毛市平田で国道56号線に突き当たり左折約1.5km進むと延光寺の標識で右折1km、車で約60km1時間10分、徒歩で20時間の行程で「修業の道場」最後の札所延光寺に到着です。
石段を上り仁王門を入ると右に修行大師像と銅鐘をのせた赤亀の石像、左に池泉式庭園と枯山水庭園が造られています。
聖武天皇の勅願により724年に行基菩薩が薬師如来を刻んで本尊とし開基した。後に弘法大師が日光、月光の両菩薩を刻んで脇侍として安置し、39番札所と定めた。大師は錫杖を突き清水を湧かせ里人の水不足を救った。今も「眼洗い井戸」といわれ信仰されている。

TOP 38金剛福寺 39延光寺 40観自在寺
四国お遍路ポータル

39番延光寺