修行大師像
鐘楼
大師堂
本堂
詠歌 今の世は大悲のめぐみ菅生山
       ついには弥陀の誓いをぞ待つ
真言 おん まか きゃろにきゃ そわか
0892-21-0044
愛媛県上浮穴郡久万高原町菅生2番耕地1173
明神右京、隼人
十一面観世音菩薩
真言宗豊山派
大宝寺への道は、約85km、県道237号線、国道56号線(大洲市経由)約33kmで内子町内子の歩道橋をくぐり、国道56号線との立体交差を県道379号に出る。約14.5km進み、小田町突合で田渡川の橋を渡り右折、国道380号線にはいる。約22kmで伊予落合交差点で国道33号線にはいる。久万高原町役場前交差点で右折600mで駐車場に着きます。松山自動車道西予宇和インターから大洲北只インター間を走行してもよい。
遍路道は、八十八カ所中最難関で、札所中2番目の長さで、厳しい山道を越えねばならなかった。大宝寺の参道は、巨木が立つ曲がった参道を進むと迫力のある大きい仁王門が現れます。門を右に曲がり、石段を上ると本堂です。この寺の開基の一つは百済から僧が渡来し十一面観音菩薩を刻み本尊とした。もう一つは、明神右京、隼人の兄弟が観世音菩薩を見つけ小袖に包んで安置したとの2説がある。
TOP 43明石寺 44大宝寺 45岩屋寺
四国お遍路ポータル

44番大宝寺