岩屋寺の縁起が記された石板
手摺にしがみついて
虚空蔵堂
急な石段が続く
大木に囲まれ鬱蒼とした仁王門
この辺りでもう息切れする。
山門
赤い極楽橋を渡ると急坂が続く
行く手に見えた庫裏、間もなくと思ったが
数千年に海底から隆起して浸食された景観、国の名勝に指定
本堂より大きい大師堂
本堂の真上には岩壁が覆いかぶさる
詠歌 大聖の祈る力の下に岩屋
   石の中にも極楽ぞある
真言 のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ
       まかろしゃだ そわたや うん たらた かんまん
0892-57-0417
愛媛県上浮穴郡久万高原町七鳥1468
弘法大師
真言宗豊山派
不動明王

大宝寺駐車場から県道12号線を右に約11kmで駐車場につく。県道12号線沿いに1箇所と岩屋寺橋を渡って1箇所有料駐車場がある。88カ所中難所としてきついところです。駐車場から極楽橋を渡るとすぐに心臓破りの坂に出会います。普通の人ですと40〜50分ぐらいはかかります。無縁仏の墓やお地蔵さんが立っている両側を老杉に覆われた266段の急勾配の石段や坂道を20分あまりを上ると大岸壁の下、わずかな敷地に本堂、大師堂、仁王門が並んでいます。
弘仁6年法華仙人という空を飛ぶ神通力を持つ女仙人がいて、大師に帰依し当山を献上して往生。大師は、木と石の不動明王を刻み木像は本堂に、石像を秘仏として山に封じ山全体を本尊にした。大師が詠んだ「山高き 谷の朝霧海に似て 松吹く風を波にたとえむ」歌にちなみ山号を称した。明治7年に大宝寺の奥の院から独立し45番札所となりました。

TOP 44大宝寺 45岩屋寺 46浄瑠璃寺
四国お遍路ポータル

第45番岩屋寺