大師像
観音堂
阿弥陀堂
鐘楼
大正11年に再建された仁王門
多くの奉納物がある大師堂
空也上人が安置される本堂
詠歌 十悪の我身を棄てずそのままに
      浄土の寺へまゐりこそすれ
真言 のうまく さんまんだ ぼたなん ばく
089-975-1730
愛媛県松山市鷹子町1198
恵明上人
真言宗豊山派
釈迦如来

浄土寺は、西林寺から北へ鷹子温泉郷にあります。県道40号線の伊予鉄道踏切を超え鷹子駅北交差点信号を左に折れる。約700mで四国マリン石油給油所を右へ約100mで駐車場だ。石段の上にある仁王門は下から見上げると羽を大きく広げたように見えます。石段を上ると鐘楼が右に、正面に本堂、右に大師堂があります。竹林を背後にした寄棟造りの本堂は室町時代の建築として国の重要文化財に指定されています。踊念仏の開祖、空也上人は阿弥陀の教えを説法して回った最初の人である。里人に請われ自像を刻んだ。口から小さな仏像が6体出ていて、手には鹿の角をつけた杖を持ち行脚している姿を現しています。国の重要文化財です。空也上人は醍醐天皇の第二皇子で、日本各地を回り民の救済と布教で生涯を終えた。


TOP 48西林寺 49浄土寺 50繁多寺
四国お遍路ポータル

49番 浄土寺