多宝塔
羅漢堂
大銀杏、鐘楼、大師像
大師堂
年代を漂わせる本堂
大銀杏と仁王門
真言 おん かかかび さんまえい そわか
詠歌 六道の能化の地蔵大ぼさつ
     みちびき給え この世のちの世
088-672-4111
徳島県板野郡板野町羅漢
弘法大師
真言宗御室派
延命地蔵如来

第四番大日寺から南下2kmです。徳島道をくぐり、12号交差点を過ぎると間もなく第五番地蔵寺に着きます。地蔵寺は、板野町羅漢にあり、「羅漢さん」とも呼ばれています。奥の院には有名な羅漢堂があります。木造、等身大で日本最大の像といわれます。羅漢とは、仏の弟子で最高の境地に達したもののことで、迷いを抱えた表情は、亡き人に似た表情があるといわれています。仁王門をくぐると樹齢800年のイチョウの木が境内中央に聳え立っています。本堂、大師堂も歴史を感じます。左に本堂、正面が本彷、右に大師堂と淡島堂がある。ご本尊は地蔵菩薩。胎内に弘法大師が刻まれた勝軍地蔵が納められている。かつては三百の末寺をもつ中本寺で、高野山の管長、大覚寺、仁和寺門跡を出した名刹です。

TOP 4大日寺 5地蔵寺 6安楽寺
四国お遍路ポータル

第五番地蔵寺