安産の神様として信仰されている観世音菩薩
元の本堂
四国88ヶ所中最古の石の遍路標識が立つ
大師堂
本堂(元の大師堂)
詠歌 さみだれのあとに出でたる玉の井は
   白坪なるや一の宮かは
真言 おん まか きゃろにきゃ そわか
0898-72-2210
愛媛免西条市小松町新屋敷甲428
聖武天皇
高野山真言宗
十一面観世音菩薩

61番香園寺を出て、国道11号線を右に折れ約1kmで国道沿い左に62番宝寿寺が見える。
徒歩で約20分と近い距離にあります。駐車場は狭く5台のスペースです。
寺お入り口には、「一国一宮別当宝寿寺」と書いた石碑が立っています。境内には、枯山水の庭園に四季折々の花が咲き遍路の疲れを癒してくれます。聖武天皇の勅願により、伊予の一宮の法楽所として建立された。弘法大師が来錫、十一面観世音菩薩を刻んで本尊とし、四国霊場に定めた。その後一時神仏分離令により廃寺になり、天養元年に再建されました山号はそのときの年号にちなんだもの。

TOP 61香園寺 62宝寿寺 63吉祥寺

第62番宝寿寺

四国お遍路ポータル