瓶が森林道をドライブ


今朝は、やや曇り勝ちだったのが急に雲ひとつ無い晴天となった。 思い立ったが吉日と四国の尾根目指して車に飛び乗り走り出した。何か空がすっきりしない。 黄砂現象なのか・・・ 山は大丈夫かなと思いながら、国道194号を寒風山に向かって気持ちよく走った。 瓶が森林道の紅葉状態を見ながら、時々出会う車をかわしながら走ります。この林道1車線で待避所外は、かなり狭く、車の離合は要注意・・・・海抜1300mとかなりな高度を走る。 周辺の山々は、もう紅葉が始まっており、あと暫くで見ごろとなるようです。 石鎚スカイラインに入らず今日は引き返してきました。 紅葉見物の観光客もぼつぼつ合うようになりましたね。 近く「石鎚スカイライン」へ足を伸ばしてみようと思います。 美しい紅葉が楽しみです。

10月19日に途中引き返した瓶が森林道に再挑戦

今日も朝から好天気だが山を見ると舫っている様子
そのうち澄んでくるだろうと194号線寒風山を目指して出発した。
今日は松山道西条インターまで高速を利用、11号線加茂川橋西詰めから
194号線を道なりにひた走る。

西条市藤野石6号から194号と別れ左折つづら折を走行
旧寒風山隧道(新トンネルと区分)を出たところの休憩施設駐車場がある。
今は茶屋も締まっています。大きな字で町道瓶が森線とかかれた看板がある。
この林道は、元の村道?今は町道場所によっては県道と

この季節観光客が多く狭い林道は、車で溢れる感じだ。

県道12号線いわゆる石鎚スカイライン土小屋「白石ロッジ」まで

伊予富士が見えてくると、
まさしく絶景の連続山頂丸見え、手に取るように眺めながら
広い場所を探しては車を止めシャッターチャンスを皆一様に
狙っているようだ。
伊予富士を過ぎ東黒森、西黒森を過ぎ瓶が森に近づくと
石鎚が偉大な姿を見せ始めるのだ。



瓶を背中に3kmくらい走ると突然視界が広がり、石鎚スカイラインと合流、
石鎚土小屋神社拝殿、白石ロッジが広い駐車場を挟んで並び一瞬下界へ
下ったのかと・・・・
ここからは、石鎚登山道となっており眼前に石鎚が迫っている。


ぶらぶら時間を忘れていて、気がつくと3時を過ぎている。
あわてて帰る道中を考えたが、面河経由は時間が掛かるし、
瓶林道を引き返すには交通量が多かろうし、距離は遠いが
たぶん交通量の少ない県道40号を走ることにし、よさこい峠から分かれた。
案の定交通量は無かったが、道路の狭く、スピン多く運転はかなり疲れた。
何とか194号線に出、時間的には比較早く帰ることが出来ました。