03/11/18 紅葉情報を探していたら徳島の祖谷渓谷が観頃とでていたので、急遽車に乗り現地に走った。国道32号線の祖谷口から祖谷街道へはいるか、大歩危から45号でかずら橋まで行き、祖谷街道から32号線へ回るか迷ったが行楽シーズンでもあり、後者を選んでかずら橋に到着した。観光貸し切りバスも数台きていたが、人もまばらでちょっと予想外だった。

紅葉がほとんどない

驚いたことにかずら橋では、周囲を見渡したが赤、黄色は目に入らない。「地元の人に聞いてみたら今年の夏は、小雨だったせいか紅葉をしないまま葉が落ちてしまう」と話していた。ちなみにかづら橋は、長さ42m 幅2m 材料白くち蔓(さるなし)約6t
昔追っ手を逃れるために平家落人は橋を切り落とすことを考えた・・・・・

かずら橋を渡って(相変わらず高いところと、揺れるものには弱い)近くの食堂で昼食を食べた。祖谷名物 そば、こんにゃく、田舎とーふ、山の芋、キノコ素材の良さが何ともいえずうまかった。

昼食に舌鼓を売った勢いで、一縷の望みを持ち45号から祖谷街道へ進んだ。
渓谷美はさすが日本3大渓谷といわれるとおりだ。剣山から流れ出る祖谷川は山肌を削り現在の断崖を作り出したのだろう。周辺にはわずかでしたが、紅葉もみられた。なんといっても、辺境には心を癒してくれる何かがありそうだ。

 スライドショウ