南楽園梅まつり

南楽園は広さ15.3ha、四国最大の池泉回遊式日本庭園です。毎年2月上旬から下旬の1ヶ月梅祭りがあります。

全国から選りすぐられた名木、古木15種類160本の梅が次々と咲き、1ヵ月にわたって花見が楽しめ、多くの観光客が訪れていました。

園内に入ってまず迎えてくれるのが「町」をテーマに昔の商家を模して作られた管理棟です。
館内には休憩所のほか、売店、管理事務所があります。
丁度館内で座敷雛の展示がありました。

門をくぐり庭園に入ると広大な池泉回遊式日本庭園が飛び込んできました。園路を進むとやがて全国から選りすぐられた名木、古木15種類160本の梅林に入ります。まさに見事です。

左手(上の池方向)に向かって進むと、江戸中期の建築様式を取り入れた、茅葺三間取り形式の農家を模して造られた休憩所があります。
ここでは、窓越しに庭の全景を見ながら「うどん」などのお食事もできます。

南楽園梅祭り

MAPPLE観光ガイド