さぎ草

サギを連想させる白色の清楚(せいそ)な花を盛夏につける小型のラン科植物
低山の湿地に自生するが,栽培されることが多い。
地下に球形の塊根があり,それで越冬する。茎は直立し,高20〜40cm,
基部近くに普通,葉を3〜5枚つける。葉は広線形で長さ5〜10cm。
上部の葉は小さく,鱗片状になる。7〜8月,茎の先に花を1〜3個つける。
花は径約3cm。萼片は緑色で小さい。花弁は白色,上向きに立つ。
唇弁も白色,3深裂し,側裂片がフリル状に中裂し目だつ。長さ4cmほどの
比較的長い距がある。本州,四国,九州の湿地にはえる。

愛媛県今治市孫兵衛作湿原で自生、管理されている