ツアー旅行は楽しい!! 

「真穴の座敷雛と内子街並み散策」日帰りツアー

    

4月2日曇りときどき雲間から太陽、小雨後に本降り・・・・・

ややこしい一日の天気でしたが日帰りツアーに参加して地域情報に触れてきました。このツアーは、愛媛県南予地方の鄙びた地区に残る遺産を見学する価値の高い ツアーでした。 最近は海外旅行、国内旅行とも長い日数を使った豪華旅行が主流のようですが、親爺になって日帰りで行ける範囲でマイカーでなく観光バスツアーが気に入ってしまった。 エテシテこう言った地域は、行政の施策に取り残された辺地が多いものだ。それがまたツアーを楽しいものにしてくれるから不思議だ。 メイン道路は、観光バスが軒すれすれに運転手さんも大変だがツアーのお客さんも臨時運転手?必死に叫び声をあげて運転している。道路は観光バス、マイカー、観光客の列で溢れている!!地元の人が交通整理。 ただ、時間的な余裕が余りなくジョギング的な足運びを日ごろ訓練しておく方が良いみたい・・・・

   

由来

愛媛県八幡浜市無形民俗文化財として保存継承されている座敷雛は古老の話では、明和(1764)の頃までは一般の家庭では質素に行われていたが、穴井地区の伊勢踊(県重要文化財)のワキとして天明3年に、穴井歌舞伎が創設された頃より催されたとも言われますが文久2年頃にほぼ現在の型が整ったもののようである。座敷雛はその家の長女の初節句を祝い行うもので、座敷いっぱいに多数の盆栽ほか小道具を使い庭園を造り、そのなかに内裏雛を中心に親戚から贈られた各種の人形が配置され、名物の鉢盛料理が供えられる。この行事の規模の大きさ、華麗さから、その模様は古い時代の宮廷の園遊会を連想させられる。
・・・パンフレットから抜粋させてもらいました。

この日は、「真網代地区」上野結菜ちゃん、矢野樹希ちゃん、阿部優樺ちゃん、「穴井地区」井上優華ちゃんの座敷雛を見学させていただいた。観光客が押すな押すなでデジカメもたじたじ、やっと優華ちゃんと結菜ちゃんのお宅でまずいながらパノラマ撮影ができました。